派遣の立場で、薬剤師の業務を効率よく行う!

薬剤師として一日働いていると、薬剤師としての仕事はもちろん、事務的な仕事や雑用などもあるものです。

薬局が開いている時間帯は、当然ながら薬剤師としての仕事に追われてしまいますので、閉店時間が過ぎてから事務的な仕事や雑用などをしなければなりません。従って、大きな病院に隣接している調剤薬局などの場合には、残業時間がどうしても多くなってしまうのが実情です。

その点、派遣の薬剤師として働くようになると、残業の少ない仕事を選ぶことも出来るのですから、すなわち、薬剤師の知識を持っていなければ出来ない仕事を中心に業務を請け負うことになります。
つまり、薬剤師の一日の仕事の中の、薬剤師として遣り甲斐を感じるところを担当することが多くなるというのが一般的な傾向です。

人材派遣の場合には、時給で働くことになるのですが、派遣先としては薬剤師としての人材に時給を払っているわけです。

薬剤師でなくても出来る仕事を任せてしまうと、それだけ実際の仕事よりも高い時給を払う結果になってしまいますので、派遣の薬剤師に雑用などの仕事は任せない傾向になるのです。

こういったことから考えてみると、働く側としては、願ってもない良い条件下の中で働けることになります。
つまり、人材派遣会社の派遣社員は、残業時間も少なめに設定しておけば、自分のライフスタイルを大切にしながら、薬剤師としても働き続ける事が出来る、とても優れた働き方であると言えるのです。

比べてお得!