派遣社員が任される業務

ひと昔前の会社では、正社員を補佐するのが派遣社員の主たる業務であることが多かったようです。

どうしても「雑用」的な仕事が派遣社員に回ってくることが多く、本当に責任がある仕事をしたいと思う人には少々物足りなかったかもしれません。ただ、決められた時間で仕事をし、残業をしないで帰りたいという人(保育園に子どもを預けているお母さんなど)にとっては、たとえ補助的な仕事で賃金も正社員よりは低い派遣社員として働くというのはありがたい勤務形態でしょう。ただ最近では、正社員として採用されるのはなかなか狭き門のようで、「非正規」社員と(派遣社員も含む)して働き始める人の数がかなりの数を占めるようです。

それだけ派遣社員の数が多くなると、仕事の内容も以前のように補助的な仕事だけではなく、正社員並みに責任のある仕事を任されている派遣社員もいるようです。

ある程度責任のある仕事を任されたいと思っている人にとっては、喜ばしいことだとは思います。
ただ、その仕事ぶりに応じた報酬が得られているか、というのは今後の課題になりそうな問題でしょう。正社員と違い、福利厚生や勤務条件等で派遣社員はどうしても不安定な条件で仕事をしていることが多いので「その人その人の能力に応じた」評価を会社がすることによって働く本人のやる気にもつながり、結果的に会社の利益にもつながる思います。
派遣社員として働く人も、「正社員ではないから」という姿勢で自分の能力を出し惜しみせず報酬以上の働きをすることで、周りの人々から良い評価をもらうことが出来ると思います。